• ホーム
  • お知らせ
  • 計量法施行令及び計量法関係手数料条例の一部を改正する政令案について(周知)

計量法施行令及び計量法関係手数料条例の一部を改正する政令案について(周知)

標記の件につきまして、経済産業省、計量行政室より計量法の改正に関する事項が公表されております。

今回の改正において、大きなポイントとなるのは、『特定計量器である質量計に、新たに自動はかりを追加』、『4機種の自動はかりを、検定証印等の有効期間を定める特定計量器(法第72条第2項)とし、その有効期間を2年とする。ただし、適正計量管理事業所が当該事業において使用する自動はかりについては6年とする。』と改正されている点です。

自動はかりを使用しておられる事業所様においては、下記資料(PDF)のフロー図の日程に基づいて検定を受検する必要が出てきます。

当協会としても、今後も情報を発信し、法改正に対応できるよう努力していく所存ですので、ご不明な点、要望等があればご連絡ください。

 

◎計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令案について(PDF)

◎計量法施行令及び計量法関係手数料令の一部を改正する政令案について<改正の概要>(PDF)