計量法とその歴史

計量は、欠くことのできないもの

計量は、私たちの暮らしや経済産業活動などあらゆる分野において欠くことができない重要なものです。わが国においては、この計量が適切かつ合理的に行われるよう、古くから計量の制度化が行われましたが、特に明治以降、国際化・技術革新への対応等順次整備され現在の計量法は、平成5年それまでの計量法が大改正されたもので、計量の基準としての計量単位(国際単位を採用)、計量器の検査制度等適正な計量の実施を確保するための措置などが規定されています。

我が国の計量制度の歴史

701(大宝元)年

大宝律令公布。
我が国で度量衡の制度が制度化

1871(明治4)年

度量衡条約公布。

  • 度量衡器全て検査
1886(明治19)年

メートル条約加盟

1891(明治24)年

度量衡法公布。

  • 単位とその標準の統一・・尺貫法とともにメートル法公認
  • 計量器に対する規制の整備・営業用の計量器を国の検定対象とする。
1922(大正11)年

度量衡改正法公布。

  • 度量はメートル、衡はキログラムを基本とするメートル法に統一(メートル以外の単位は経過的にみとめる)
1952(昭和27)年

計量法公布。

従来の度量衡を中心とした単位(10単位)から取引証明に使用されている単位(電気関係を除く33単位)にまで対象範囲を拡大

1959(昭和34)年

商取引をメートル法に統一

1992(平成4)年

新計量法公布。
翌平成5年11月1日施行(計量記念日)

  • 単位の国際単位系への統一
  • 計量器の規制の合理化
  • 計量標準供給体制の整備

国際化・技術革新への対応及び消費者利益の確保の視点から抜本的に改正